忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 HSP3Dishで作ってみるテストその3。

 前回は操作エリア中央からの角度で判定しましたが、今回はエリア中央からのXYの差分で判定する方法に変更。X差分で左右・Y差分で上下が判定できるので8方向検出できるって寸法。とりあえず4方向しか使いませんけど。

 で作ってみた。めっちゃくちゃ操作性悪いwww ちゃんと押してるつもりがちっとも認識されないので調べたら、左手の親指を使うせいかタップした位置が脳内イメージからだいぶ左下にずれている。スマホでは端末情報の中にタッチパネル補正があったけどNexus7では見当たらず。あっても左手の親指で設定したら普段使うのに困るわけだが。


 ▲こっちみんな

 暫定的に、最初にタップした場所を中央として補正をかけることで認識率大幅アップ。でも突起がないから見ないで正確に押し続けるのは難しくて、たまに目で確認しないとどんどんずれてきます。私にいい考えがある。指がニュートラルに戻ったとき短く振動させるとか良くない?良くなくない?でもアンドロのHSP3Dishはバイブサポートしてないかー。ていうかNexus7バイブついてないわー。それと7インチだからボタンがちょうどいいサイズになってるけど、他のサイズの対策は何も考えてなかったわー。むしろHSP側で仮想ジョイパッドをサポートしてくれればいいと思った。俺は悪くない。
PR

コメント

お名前
おURL(任意)
おコメント

ブログ内をワード検索

このブログについて

 MSXという、諸々ハンデを抱えた8ビットパソコンと青春を過ごしたおじさんが、青春を取り戻すためにいろいろやり散らかします。

 おちっんと申すワリトヤクタタズです。リアルタイムではカシオMX-10、パナソニックA1、A1WXとステップアップし、30年のブランクを経た現在の愛機はというとワープロパソコン・ナショナルFS-4700です。

 ブログに載せてないない動画は *こちら* にもあります。

カテゴリーごとのタイトル一覧はこちら

おちっん特選BASICプログラムコーナー

 魅せてあげよう、8ドットのエクスタシー! 機械語サブルーチン不使用。混じりっけなし100%ピュアMSXBASICの素朴な味わいをご賞味下さい。特選も何もこれで全てですけどね!

≫INDEX


そりてあー2.1
公開をあきらめて絶賛放置中。



パクパクモンスター

ついに伏せ字にすることすら放棄。



T GAME

猿はいませんよ。



KURUMA GAME

スペイン勢にちょいウケ。

ヤフオクもチェック!

RSS Feed Widget

最新コメント

2017/06/30 名無しのリーク
2017/01/18 ぼう
2017/01/18 ぼう
2017/01/14 ぼう
2017/01/14 ぼう