忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。1スロットのMSXが愛機だったおじさんです。今回は、そんなMSXおじさんどもが愛してやまないMSX版沙羅曼蛇のお話ですよ。


そして有名なアレである。『グラディウス2』のカートリッジをスロット2に差しておかないと真のエンディングが見られない。ということは10倍カートリッジを挿す場合には真のエンディングは見れないのである。これは当時からかなり批判があった。それ自体は説明書にも繰り返し書かれているので、まあ後は財力と根性のみの問題ではある。沙羅曼蛇を買う人は、なんだかんだ言ってグラ2持っていたとは思うのだが……。ただ、ほんの少数だが1スロットのMSXもあったからなぁ。う~む。

この漢字、読める?『沙羅曼蛇』 コナミのMSXゲーム伝説12


MSXじゃないけど読みにくさで言ったら餓流禍かな。沙羅曼蛇ね~。黒地にロゴのかっこいいテレホンカード(死語)がついてて、嬉しくてバリバリの財布に入れて持ち歩いてたら印刷がハゲてしょんぼりしたっけな~。


グッドエンドもバッドエンドも何も、一度だけ奇跡的にラスボス(?)戦でゲームオーバーになった記憶があるけど、道中の苦行を思い起こしたらもうこんな奇跡は二度と起きない気がして、実際二度と起きませんでした。まあ、運よく倒せてもグラ2がないから「おそるべし、ヴェノム!」だったわけで。おそるべしはコナミだよ。


夢大陸アドベンチャーの「ポーズをかけた回数が4n+1回」なんていう理不尽なグッドエンド条件もありましたよね。当時は分岐条件を知らなかったから、たぶん1回もポーズかけずに進んでて、最終ステージクリア直前で「あっ録音するラジカセ用意しなきゃ!」ってポーズかけたおかげでグッドエンドになったんだろうな~。こわいこわい。

炎の予言も今じゃすっかりこのお方のテーマ曲に。

PR

コメント

お名前
おURL(任意)
おコメント

ブログ内をワード検索

このブログについて

 MSXという、諸々ハンデを抱えた8ビットパソコンと青春を過ごしたおじさんが、青春を取り戻すためにいろいろやり散らかします。

 おちっんと申すワリトヤクタタズです。リアルタイムではカシオMX-10、パナソニックA1、A1WXとステップアップし、30年のブランクを経た現在の愛機はというとワープロパソコン・ナショナルFS-4700です。

 ブログに載せてないない動画は *こちら* にもあります。

カテゴリーごとのタイトル一覧はこちら

おちっん特選BASICプログラムコーナー

 魅せてあげよう、8ドットのエクスタシー! 機械語サブルーチン不使用。混じりっけなし100%ピュアMSXBASICの素朴な味わいをご賞味下さい。特選も何もこれで全てですけどね!

≫INDEX


そりてあー2.1
公開をあきらめて絶賛放置中。



パクパクモンスター

ついに伏せ字にすることすら放棄。



T GAME

猿はいませんよ。



KURUMA GAME

スペイン勢にちょいウケ。

ヤフオクもチェック!

RSS Feed Widget

最新コメント

2017/06/30 名無しのリーク
2017/01/18 ぼう
2017/01/18 ぼう
2017/01/14 ぼう
2017/01/14 ぼう